地中熱空調システム、さく井工事、井戸工事、温泉掘削、融雪設備は北陸【富山県高岡市】の水源開発のプロ、株式会社日東(NITTO)へお任せを

地中熱から温泉まで活かしたエコプロジェクト
ホーム地中熱について



地中熱空調システム温泉・水源開発調査一般土木
機械設備消融雪設備監視システム 
株式会社日東

会社案内業務案内施工事例求人情報お問合せ
〒933-0014高岡市野村1591 TEL:0766(23)5003 
Email:info@kk-nitto.com FAX:0766(23)5407 

日東は、北陸の豊な水を知り尽くした、水源開発のプロ集団です。

空調設備の特徴

1.特徴
 地中熱の深さ10m以深の地温は恒温であり、この熱的特性を活用したエネルギーが「地中熱」です。
この恒温個所の地下水温も、地温と同程度の温度であり、季節を問わず一定となっています。この特性を利用したものが、地中熱空調システムです。地下水を媒介とするため、全国どこでも設置が可能であり、天候に左右される事なく安定的に高効率のエネルギーを得ることができます。省エネ、CO2排出量の削減の点においても大変優れた再生可能エネルギーといえます。
 また、地下水は空調システムの熱源としての省エネはもちろん、冬は消雪や融雪、夏はミスト、年間を通して生活用水など多種多様な利用も可能となります。そのためランニングコストの大幅な削減が期待でき、長期的には施工時の投資費用を上回る利潤を得ることができます。弊社では、「地中熱空調システム」の理解を促進するため、北陸で初めて地中熱空調システムの導入モデルとして、「スマートオフィスNITTO」を建築しました。

2.仕様
 地中熱空調システムは、井戸の地下水面下に不凍液を内在するUチューブ(熱交換器)を挿入し、Uチューブ内の不凍液を循環させ、不凍液の温度を井戸水温に近づけます。このUチューブをヒートポンプ機に引き込み、ヒートポンプ機と室内機とを循環できるように配管した管内に冷媒(フロンガスR410A:オゾン層を破壊しないフロンガス)を入れ、ヒートポンプ内で不凍液の温度を冷媒に伝達し、冷媒を循環させ室内の温度を高温化或いは低温化させるシステムですその他冷温水配管を循環ヒートポンプ機と室内機を循環するシステムも対応可能ですこの概要は、年間を通してほぼ一定の井戸水温は、夏季の室温と冬季の室温のほぼ中間にあります。この温度差を不凍液から冷媒に伝達させ、冷媒を放熱(夏季)或いは吸熱させ(冬季)、さらに温度を補完して最適温度にし、これを循環させて最適室温を保持します。

●暖房ー不凍液を井戸水温で暖め、さらに冷媒を加熱し、冷媒を配管で循環させ、最適室温を保つ。
●冷房ー不凍液を井戸水温で冷まし、さらに冷媒を冷やし、冷媒を配管で循環させ、最適室温を保つ。

能力 水冷ヒートポンプ…12hp
暖房 37.5kw
冷房 33.5kw
地中熱利用空調システム
井戸(熱源) SPG管 口径200Φ×深度100m
ダブルUチューブ(200m×2)
揚水設備 25Φ水中ポンプ(インバーター方式)
MAX 38リットル/分
空調面積 約300u

系統図

系統図

地中熱空調システムに関するお問い合わせ
E-Mail:chichunetsu@kk-nitto.com まで


このページのTOPへ